トップメイン画像

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

本日は仕事初めでございました。私は、午後に千葉営業所を代表しまして成田山新勝寺にいってまいりました。

image2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、5日ともあってすごい人でした。途中、弊社で施工をした建物を見ながら参道を歩きまして、新勝寺にお札を頂きにいきました。今日はお札を頂くのに90分待ちでした。本年も安全に仕事が出来ますようお祈りしてきました。

さて、2017年は酉年ですね。干支にはいろいろな意味がございますが、酉年は商売繁盛の年だそうです。株価も今年は期待出来そうな予感もします。写真は私が正月に仙台初売りで撮った仙台四郎の写真です。なんとも縁起が良い写真なのでパチリと撮りました。

image3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台初売り、相変わらずのすごい人でした。勢いも凄かったです。購買意欲も沸いてしまいますね。

最後に、今年も伊田テクノスをどうぞよろしくお願い致します。

また、皆様にとりましてよい年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

伊田テクノス株式会社 基礎技術本部

営業所 : 埼玉 千葉 神奈川 茨城 静岡 浜松 名古屋

本部:埼玉県北足立郡伊奈町栄6-91

tel:(048)720-4888    fax:(048)721-2838

http://www.kisogijutu.jp/index.html

地盤調査、地盤改良のお問い合わせは以下のフォームからも受け付けております

http://www.kisogijutu.jp/contact.html

柱状改良.com

http://www.idatechnos.co.jp/chujyokairyo/

スマートホーンからは以下のQRコードより専用ページがご覧になれます。

2015100222080423852

2017年1月5日6:01 PM | カテゴリー:現場日記

防災の日

地盤調査・地盤改良の伊田テクノス 千ヶ崎です。

皆様お元気でしょうか。先ずはじめに、先日の台風10号では東北地方に上陸し甚大な被害が報告されています。テレビや新聞では連日のように報道されています。昨年の関東東北豪雨がまだ忘れられないさなかでの今年の台風被害です。

関東東北豪雨のブログ

東北地方に上陸した台風10号で、岩手県は10日、土木や農業施設などに計813億9863万円の被害が生じたと発表しています。東日本大震災を除けば過去20年で最悪という報道です。農作物や福祉施設などの被害状況はまとまっておらず、被害総額はさらに増える見通しで、県内では依然5人の行方不明者がいることから、県警は陸上自衛隊や消防などと合同で、10日も100人超の態勢で捜索を続けているそうです。(yahoo ニュース 毎日新聞より)

社員一同心よりお見舞い申し上げます。

 

9月1日は防災の日でした。小学生のころは防災頭巾をかぶりみんなで ”お(押さない) か(駆けない) し(しゃべらない)” と心で叫びながら避難訓練をしたのをおぼえています。伊田テクノスでも防災の日に合わせ訓練を行ないました。備蓄品の確認、安否確認の訓練が行なわれました。

さて、この防災の日ですがなぜ9月1日なのか?始業式で忙しいこの日なのか?答えは大正12年に発生した関東大地震がこの日だったのです。死者行方不明者10万5千あまりで、その内地震の影響での火災による死者は9万1千人あまりの人が被害にあわれました。この様子は、宮崎駿監督の”風たちぬ”に当時の様子が描かれています。私も祖母からよく当時の話を聞かされました。

この大地震の震源域は三浦半島の延長線方向の相模トラフの走行に平行する右横ずれの低角逆断層とされるされています。

Great_Kanto_Earthquake_1923_&_1703_focal_area_map

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の地震学者である石本辰四雄は東京本郷の加速度を300gal程度であったと推定しています。また、東京横浜の山の手での卓越周期は0.3秒であったと述べています。この揺れは約9000km離れたウイーンのオーストリア気象庁でも観測され、同庁が世界にいち早く関東地震の発生を報じたとされていたそうです。(画像及び数字的根拠はwikipediaより)

この関東大地震は、ご存知の方は相模湾から三浦半島にかけてが震源だと知っていたかもしれませんが、東京直下ではないのです。東京直下は、安政2年10月2日 関東地方南部を中心としたM7クラスの安政江戸地震、世に言う安政の大地震があたります。震源地は諸説ありますが、現在の荒川河口、深さ40kmだと言われています。

1855_Ansei_Edo_earthquake_intensity

 

 

 

 

 

 

(wikipediaより)

 

 

 

 

 

え、あんなところでと思いますがそうなんです。あそこからは東京タワーもスカイツリーも新宿のタワービルも見えるのです。

今後、首都直下や南海トラフを震源とする地震の発生する確率は高まっていると常に言われています。地震に対する備えをますます考えなければいけません。

内閣府防災情報ページ

伊田テクノスでは地震に強い建物作りのお手伝いをさせていただいております。おそらく、小規模建築物での地震時の検討をしている地盤改良業者は少ないと思います。ご要望がございましたら、設計の段階からお手伝いいたします。

伊田テクノスでは高い技術力でお客様をサポートしております。どうぞよろしくお願い致します。

 

伊田テクノス株式会社 基礎技術本部

営業所 : 埼玉 千葉 神奈川 茨城 静岡 浜松 名古屋

本部:埼玉県北足立郡伊奈町栄6-91

tel:(048)720-4888    fax:(048)721-2838

http://www.kisogijutu.jp/index.html

地盤調査、地盤改良のお問い合わせは以下のフォームからも受け付けております

http://www.kisogijutu.jp/contact.html

柱状改良.com

http://www.idatechnos.co.jp/chujyokairyo/

スマートホーンからは以下のQRコードより専用ページがご覧になれます。

2015100222080423852

 

2016年9月11日10:55 AM | カテゴリー:現場日記

真田幸村縁の地へ 伊田テクノスはどこへでも!!

地盤調査・地盤改良工事の伊田テクノス千ヶ﨑です。

皆さんお元気でしょうか。今年は少し梅雨明けが遅れましたが、梅雨明け後は灼熱の太陽がカンカンと照り付けている毎日が続いていますね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、先日私は、梅雨真っ只中の長野へ行ってきました。長野と言えば、今流行の真田幸村、上田城でございます。

IMG_5048

IMG_5043

 

 

 

 

 

 

私が訪れたときは、早朝の雨の中でしたので、人もまばらでありゆっくりと櫓や石垣を見ることができました。第二次上田合戦では、昌幸と信繁は居城上田城に籠り、徳川秀忠の大軍を城に立て籠もって迎え撃ったそうです。少数の真田隊に手こずった秀忠勢は家康からの上洛を命じられ、攻略を諦めて去ったと言われています。真田氏がここで戦をしていたと聞きますとロマンがありますね。

IMG_5051IMG_5047

 

 

 

 

 

 

 

真田氏と言えば、特に大阪夏の陣で3500の兵で徳川家康の本陣へ斬りこんで行った勇敢な武者ぶりはとても有名です。また、写真にもありますが、旗印である六問銭は三途の川の渡し賃として、「不惜身命」(ふしゃくしんみょう:仏法のために身命をささげて惜しまないこと)を意味するといわれてるそうです。真田氏の決意が込められていますね。

 

さて、私の思う弊社の真田氏風社員と言えば、静岡営業所所長の坂本でございます。東海、甲信越を営業エリアとしており、ご依頼がございましたらどこへでも行くと申しております。戦国武将の如く、御依頼とあればどこへでも、地盤調査、地盤改良の伊田テクノスをどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

伊田テクノス株式会社 基礎技術本部

営業所 : 埼玉 千葉 神奈川 茨城 静岡 浜松 名古屋

本部:埼玉県北足立郡伊奈町栄6-91

tel:(048)720-4888    fax:(048)721-2838

http://www.kisogijutu.jp/index.html

地盤調査、地盤改良のお問い合わせは以下のフォームからも受け付けております

http://www.kisogijutu.jp/contact.html

柱状改良.com

http://www.idatechnos.co.jp/chujyokairyo/

スマートホーンからは以下のQRコードより専用ページがご覧になれます。

2015100222080423852

2016年8月6日11:28 AM | カテゴリー:現場日記

今昔物語

皆さんこんにちは!町内会長2年生!今のうちに顔を売っておいて国会登壇をにらんでいる及川です。さてお馴染みになりました【及川今昔物語】も早い物で第5弾となりました。(いつから???)

先日は昨年に引き続き近所の中学校運動会の来賓としてお招きを頂きました。私の今日の目的はただ一つ「この中学校にいるある教諭と飲み会の日程を決める!!!」というここ最近の仕事での営業活動よりもっと強い集中力と意識をもって?!(生徒・PTAの皆様ごめんなさい)の参加でした。

運動会1運動会2本当にいい天気でしたね。昨年も小学校の運動会、そしてこの運動会にも参加しましたがいづれも晴天なり!真面目な生徒の日々の行いがいいんでしょうね!我が家の莉子ちゃんもここに通うのかと思うと感慨深いものがあります。あとは如何にPTA役員をかわすか!そこの備えは言わばKYK(危険予知活動)が今から必要と思っています。

先生2あっ!いたっ!先生だ!

「先生!ここでノックは危ないっすよ!」

 

 

及川

「及川!そうじゃねーだろ!グローブ早く

もってこい」

 

 

 

そんな話をしながら開会式のときに朝礼台の後で談笑するふたり。かなり目立っていたようで

「及川。お前あっちいってろ!かなり目立ってるから!生徒への説明がめんどくさい!」

「ちぇ!」と思いながら来賓席にもどる。

 

野球部結構強かったと思います。先生の教え方がすごい魅力的でした。

当時私はこの先生のように中学校の先生になりたいと思っていました。

がしかし・・・・人生はあっけない。大学の試験で遅刻・・・

単位を落としTHE END・・・教員の夢はたたれました。

 

 

 

てなことを思い出しながら種目観戦しそろそろ本日のお仕事に取り掛かる!

先生

及:「先生!来週土曜日一杯行きましょうよ」

先:「おっいいぞ!来週はテスト問題作ってるから大丈夫。学校に居る」

及:「ここから一分のところに店あるんで予約しておきますよ」

先:「お前結構の飲みそうだな!絡むなよ」

 

及川2

及:「分かりましたよ(笑)楽しみにしてますよ。4丁目の○○先生も誘いますよ」

先:「おっけー!じゃ来週な」

 

吉永本物4丁目の先生は伊田テクノス地盤改良のOB客でもあります(偶然です)

 

さてさて、前号で投稿しましたとおり、町内会長をやったお陰でここまで関係を取り戻すことができました。改めて人の出会いはどこにもあるのだな!と感じております。

さいごになりますが、地盤改良 地盤調査は地盤王及川にお任せください!

伊田テクノス株式会社 基礎技術本部

営業所 : 埼玉 千葉 神奈川 茨城 静岡 浜松 名古屋

本部:埼玉県北足立郡伊奈町栄6-91

tel:(048)720-4888    fax:(048)721-2838

http://www.kisogijutu.jp/

地盤調査、地盤改良のお問い合わせは以下のフォームからも受け付けております

http://www.kisogijutu.jp/contact.html

柱状改良.com

http://www.idatechnos.co.jp/chujyokairyo/

スマートホーンからは以下のQRコードより専用ページがご覧になれます。

2015100222080423852

 

 

 

 

 

2016年5月22日9:35 AM | カテゴリー:現場日記

セメント系の地盤改良はエコな工法?

地盤調査・地盤改良の伊田テクノス 千ヶ崎です。

新緑の季節となってきました。もうそろそろGWですね。今年は連休というより、何回かにばらけてしまった印象がありますが、大きくお休みを取っている会社も見受けられます。弊社は暦どおりの営業を行います。3、4、5日及び土日をお休みとさせていただきます。よろしくお願い致します。

IMG_5024

さて、先日私たちは三菱マテリアル横瀬工場へお邪魔してきました。横瀬工場は,埼玉県の西部,秩父郡横瀬町にあります。秩父地区は関東の観光名所として有名で、この日も平日なのに羊山公園の芝桜をみようと長い車の列ができていました。
写真の秩父のシンボルである武甲山は石灰石鉱山であり,古くから採掘が行われてきました。武甲山で採掘した石灰は約3kmのベルトコンベアを用いて工場へ供給しているそうです。

IMG_5012 表題のエコとはですが、先ずセメントの成分からみてみます。セメントを作成する原材料は、石灰石1160kg、粘土250kg、珪石、鉄原料、石膏と熱エネルギーを使い製造しています。すべて地球上から産出されたものですね。

以外にも石灰石以外にも粘土や鉄、熱エネルギーなどを使うことがわかりますね。こちらの工場では各産業界より発生した産業廃棄物を受け入れてセメント製造への資源のリサイクルを行っています。廃タイヤや廃プラスチックは熱エネルギーの一部として、その他、火力発電所から発生する石炭灰等や製鉄所から発生するスラグや建設残土なども資源のリサイクルに活用しています。もちろん原材料は高温で加熱処理し無害なものへなっていますから安心してください。そうしますと、1tのセメントを製造するのに、リサイクルしている廃棄物の量は約507kgになるそうです。

このように弊社で使用している材料は天然資源の温存と温室効果ガスの削減に大きく貢献していることがわかります。とてもエコなことがわかります。

IMG_5023

 

この日は新入社員2名をつれて見学にいってきました。二人とも初めての工場見学に少々おどろていました。私も新聞ではみたことがありましたが、とんでもなくおおきな施設です。また、中には品質管理をロボットで行っていたりと近未来的なところもございます。写真でお見せ出来ないのが残念です。もしご希望がございましたら弊社営業までお問い合わせください。

弊社では環境対策として、六価クロム抑制型の宇部三菱セメントのユースタビラー50を基本として地盤改良を行っています。各種試験も積極的に行っています。エコな伊田テクノスの地盤改良工法をどうぞよろしくお願い致します。

 

伊田テクノス株式会社 基礎技術本部

営業所 : 埼玉 千葉 神奈川 茨城 静岡 浜松 名古屋

本部:埼玉県北足立郡伊奈町栄6-91

tel:(048)720-4888    fax:(048)721-2838

http://www.kisogijutu.jp/

地盤調査、地盤改良のお問い合わせは以下のフォームからも受け付けております

http://www.kisogijutu.jp/contact.html

柱状改良.com

http://www.idatechnos.co.jp/chujyokairyo/

スマートホーンからは以下のQRコードより専用ページがご覧になれます。

2015100222080423852

 

 

 

 

2016年4月25日1:23 PM | カテゴリー:現場日記