トップメイン画像

現場日記

皆さん!少しメディアに出たがりな気分になってきた及川です。

早速ではございますが、買ってしまいました!地盤改良機!欲しかったんですよねicon_razz.gif

 

 

 

 

 

 

凛々しいでしょ!YBM製でGI50という機種になります。

 

 

 

 

 

 

お尻も凛々しいでしょ!最近は大型機械の導入も定期的に実施していましたが昨今の地盤改良機の性能はかなり良くなってきてますね。私が地盤改良に携わり始めた20年前に比べるとパワー、施工管理機能が格段に上昇してますね。昨今の世の情勢!働き方改革の成果をより大きくする為にも設備投資はよい武器になりますね!

 

 

 

 

 

 

 

この機械ですけど・・・施工を始めるとほぼ自動運転です。ここ最近の未来のオペレーターの器量としては機械性能を充分に発揮させ、仕事率を最大限に発揮させることができることになっていきそうです。俺の腕が出来高・品質を左右するんだぜぃ!という時代が終焉するでしょうね!さぁ私はお仕事を頂きに営業にいってこようっとicon_wink.gifここはまだまだアナログなんでやねん!

 

皆様 残暑お見舞いを申し上げます!いやー本当にお久し振りです。デューク及川です。

久しぶりすぎて照れますね。さて・・・なんと・・・私はいつの間にか一児の父になっていました!

只今3歳!そして私は45歳!・・・げっ!子どもが20歳でおいらは62歳・・・定年こえてねーか!ということで将来に不安を感じている為に

今回は我が地元のリーズナブルまいうーグルメを食しにいきました。

 

 

 

 

 

 

 

安くないですか?!私の小遣いでも充分に子供にいばって「今日はやきそばフライ両方大盛りたべていいぞ!」と得意げにいえます。

https://tabelog.com/saitama/A1104/A110401/11016326/dtlphotolst/1/smp2/ (やきそば 仙道)

最近週末は私と娘と家で留守番が多いのですが、お昼になると「パパぁ やきそば たべいこうよぉ」と甘い声で誘われますicon_redface.gif

 

 

 

 

 

 

 

ここの焼きそば ほんとに まいうーです。二人で焼きそば大盛り一つとフライの小一つでシメテ800円でございます!やきそばを食べたいと思ったら「地盤王におれはなる及川」にぜひお声がけください。

それでは地盤改良 地盤調査 スリーエスG工法 委員長 及川からグルメリポートでした。

伊田テクノス株式会社 基礎技術本部

営業所 : 埼玉 千葉 神奈川 茨城 静岡 浜松

本部:埼玉県北足立郡伊奈町栄6-91

tel:(048)720-4888    fax:(048)721-2838

http://www.kisogijutu.jp/index.html

地盤調査、地盤改良のお問い合わせは以下のフォームからも受け付けております

http://www.kisogijutu.jp/contact.html

柱状改良.com

http://www.idatechnos.co.jp/chujyokairyo/

スマートホーンからは以下のQRコードより専用ページがご覧になれます。

2015100222080423852

 

皆様お元気でしょうか。伊田テクノス 営業千ヶ崎です。

もう6月です。1月の更新から半年もたってしまいました。すみません。

お陰様で忙しく過ごしております。

 

6月は各社様の大会に出席をしておりました。安全に関しましては、私達も作業標準書を作成し周知徹底しております。しかし、現場は、条件や日々の天候に大きく影響されますので、毎日のKY活動で事前に災害の目を摘みとって行くしかありません。

 

さて、安全大会といえば、災害実例の後に講師の方の勉強会や講演がありますね。中でも印象的だったのが、大手不動産住宅メーカー様の安全大会でした。

講師は、アディダスランニングアドバイザーの湯田 友美先生でした。湯田先生は中距離ランナーの選手だったとのことです。

安全は健康管理からという考え、とても共感しました。

災害は1つの条件では起こり難く、要因が多岐にわたると思います。至上最悪のテネリファ空港ジャンボ機衝突事故のように気候、精神状態(焦り)、思い込みなど条件が重なれば重なる程大事故になります。航空機業界では、この事故を教訓にリスクをマネジメントしてきたと思います。

私達もすぐにできるリスクマネジメントは、日々の健康管理ですね。湯田先生の講習を受け、ちょっとした心がけで、身体が健康になることをしりました。そして、精神が安定し、ベストな状態で業務ができる。思考回路も働き、効率のよい良い仕事ができると言うわけです。

当日はちょっとしたエクササイズもありましたが、建設関係だけあって身体能力は高かったように思えます。私と言えば出てきたお腹をゆさゆさとエクセサイズしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も姿勢を正して、営業がんばります!!それではご安全に!!

 

伊田テクノス株式会社 基礎技術本部

営業所 : 埼玉 千葉 神奈川 茨城 静岡 浜松

本部:埼玉県北足立郡伊奈町栄6-91

tel:(048)720-4888    fax:(048)721-2838

http://www.kisogijutu.jp/index.html

地盤調査、地盤改良のお問い合わせは以下のフォームからも受け付けております

http://www.kisogijutu.jp/contact.html

柱状改良.com

http://www.idatechnos.co.jp/chujyokairyo/

スマートホーンからは以下のQRコードより専用ページがご覧になれます。

2015100222080423852

 

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

営業 千ヶ崎です。本年もよろしくお願いします。さて、皆様今年のお正月はいかがでしたでしょうか。私と言えば一言に寝正月で、食べては寝てを繰り返しておりました。例年、忘年会で肥えた身体を引き締めると称し、ランニングをするのですが、年末は動かず、3日に走ったらひざを痛めてしまいまったく動いておりませんでした。

寝正月でも、唯一行動をしたといえば、上野にございます国立西洋美術館に”北斎とジャポニスム”展に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19世紀後半、日本の美術が、西洋で新しい表現を求める芸術家たちを魅了し、“ジャポニスム”という現象が生まれたそうです。なかでも最も注目されたのが、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その影響は、モネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわたり、絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に及びました。この展は、国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをふくめた西洋美術と北斎の絵を比較しながら展示しており、北斎という異文化との出会いによって生み出された西洋美術の傑作の数々を堪能しながら、西洋の芸術家の眼を通して北斎の新たな魅力も感じていただけることまちがいなしです。 (国立西洋美術館HPより抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、妻は北斎やモネなどすばらしい芸術に堪能してりまして、もちろん私も北斎のすばらしい技法を目の当たりにしてきましたが、もう一つ忘れてはいけないのがこの国立西洋美術館の建物が歴史的建造物であるということです。「近代建築の三大巨匠」として位置づけられるル・コルビュジエの設計のもと1959年(昭和34年)に開館した世界文化遺産にも登録されている歴史ある建物なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、昭和34年の建物ですから、当時の耐震基準では人命と作品を地震から守れるか心配ですね。そこで、国立西洋美術館は、1998年に地下を含め建物のすべてを地盤から絶縁する大規模な免震レトロフィット工事を行いました。これにより、人命と作品、建築物を地震から守り、美術館として安全に使い続けることが可能となりました。実は、地下に入れる場所があるのです。ガラス越しからですが、免震レトロフィット工法を見る事ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地下にあるこの場所には施工時の様子をパネル展示しております。なんと、地盤と建物を切り離すには新たに杭を打ってジャッキで建物を持ち上げて切り離したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは私どもも施工しているアンダーピニング工法と同じ技法で、構造物を反力として鋼管杭を圧入する工法です。すばらしいですね。施工当時の様子が目に浮かびました。

 

最後に、今年は戌年です。新たな事業を行うには良い年とされていますね。来年、猪突猛進に進むための準備のとしでもあります。本年も精一杯がんばりますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

伊田テクノス株式会社 基礎技術本部

営業所 : 埼玉 千葉 神奈川 茨城 静岡 浜松

本部:埼玉県北足立郡伊奈町栄6-91

tel:(048)720-4888    fax:(048)721-2838

http://www.kisogijutu.jp/index.html

地盤調査、地盤改良のお問い合わせは以下のフォームからも受け付けております

http://www.kisogijutu.jp/contact.html

柱状改良.com

http://www.idatechnos.co.jp/chujyokairyo/

スマートホーンからは以下のQRコードより専用ページがご覧になれます。

2015100222080423852

 

 

 

 

 

地盤調査・地盤改良メーカーの伊田テクノス 千ヶ崎です。

いつのまにか梅雨も明けてしまいました。皆様お元気でしょうか。

さて、伊田テクノスの決算は6月となっておりまして、7月から新たな期を向かえております。私も営業目標を掲げており、今期は今年導入しましたGI130のお仕事をいただく事でございます。この魅力的なGI130を皆様にどのように伝えるか毎日悩んでおります。

そんな中、先日茨城県で地すべりの対策工事でGI130が活躍しましたのでその様子をお届けいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真右側にブルーシートで覆っておりますところが地すべりをおこしそうなところです。地すべりは円弧のように起きます。したがって、写真右側の道路の方から地盤改良機の方へ地盤が滑りそうなのです。そこに、弊社GI130で地盤を固めてしまおうというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型とは言いながらも3点式の地盤改良機と同じ能力をもっている割にはコンパクトです。奥に0.45BHが見えまが大きさはそこに若干の長さが加わったものです。組立も3点式では2日かかりますが、弊社の機械は重機搬入してから半日で作業が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが攪拌ビットです。

1300径を深度20mまで改良可能です。

 

もっと伝えたいことはございますが、次回のねたとさせていただければと思います。

GI130は引き合いも多くなっております。経済性に優れており、店舗や工場、S造、RC造の地盤改良工事に最適です。

計画、調査の段階からご相談を受け付けております。地盤改良工事のご用命がございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

伊田テクノス株式会社 基礎技術本部

営業所 : 埼玉 千葉 神奈川 茨城 静岡 浜松

本部:埼玉県北足立郡伊奈町栄6-91

tel:(048)720-4888    fax:(048)721-2838

http://www.kisogijutu.jp/index.html

地盤調査、地盤改良のお問い合わせは以下のフォームからも受け付けております

http://www.kisogijutu.jp/contact.html

柱状改良.com

http://www.idatechnos.co.jp/chujyokairyo/

スマートホーンからは以下のQRコードより専用ページがご覧になれます。

2015100222080423852