トップメイン画像

2016年 4月

地盤調査・地盤改良の伊田テクノス 千ヶ崎です。

新緑の季節となってきました。もうそろそろGWですね。今年は連休というより、何回かにばらけてしまった印象がありますが、大きくお休みを取っている会社も見受けられます。弊社は暦どおりの営業を行います。3、4、5日及び土日をお休みとさせていただきます。よろしくお願い致します。

IMG_5024

さて、先日私たちは三菱マテリアル横瀬工場へお邪魔してきました。横瀬工場は,埼玉県の西部,秩父郡横瀬町にあります。秩父地区は関東の観光名所として有名で、この日も平日なのに羊山公園の芝桜をみようと長い車の列ができていました。
写真の秩父のシンボルである武甲山は石灰石鉱山であり,古くから採掘が行われてきました。武甲山で採掘した石灰は約3kmのベルトコンベアを用いて工場へ供給しているそうです。

IMG_5012 表題のエコとはですが、先ずセメントの成分からみてみます。セメントを作成する原材料は、石灰石1160kg、粘土250kg、珪石、鉄原料、石膏と熱エネルギーを使い製造しています。すべて地球上から産出されたものですね。

以外にも石灰石以外にも粘土や鉄、熱エネルギーなどを使うことがわかりますね。こちらの工場では各産業界より発生した産業廃棄物を受け入れてセメント製造への資源のリサイクルを行っています。廃タイヤや廃プラスチックは熱エネルギーの一部として、その他、火力発電所から発生する石炭灰等や製鉄所から発生するスラグや建設残土なども資源のリサイクルに活用しています。もちろん原材料は高温で加熱処理し無害なものへなっていますから安心してください。そうしますと、1tのセメントを製造するのに、リサイクルしている廃棄物の量は約507kgになるそうです。

このように弊社で使用している材料は天然資源の温存と温室効果ガスの削減に大きく貢献していることがわかります。とてもエコなことがわかります。

IMG_5023

 

この日は新入社員2名をつれて見学にいってきました。二人とも初めての工場見学に少々おどろていました。私も新聞ではみたことがありましたが、とんでもなくおおきな施設です。また、中には品質管理をロボットで行っていたりと近未来的なところもございます。写真でお見せ出来ないのが残念です。もしご希望がございましたら弊社営業までお問い合わせください。

弊社では環境対策として、六価クロム抑制型の宇部三菱セメントのユースタビラー50を基本として地盤改良を行っています。各種試験も積極的に行っています。エコな伊田テクノスの地盤改良工法をどうぞよろしくお願い致します。

 

伊田テクノス株式会社 基礎技術本部

営業所 : 埼玉 千葉 神奈川 茨城 静岡 浜松 名古屋

本部:埼玉県北足立郡伊奈町栄6-91

tel:(048)720-4888    fax:(048)721-2838

http://www.kisogijutu.jp/

地盤調査、地盤改良のお問い合わせは以下のフォームからも受け付けております

http://www.kisogijutu.jp/contact.html

柱状改良.com

http://www.idatechnos.co.jp/chujyokairyo/

スマートホーンからは以下のQRコードより専用ページがご覧になれます。

2015100222080423852