トップページ>地盤改良

地盤改良

セミパイル工法
特殊な攪拌翼で掘削しながら固化材を注入しパイル状に固化する工法です。狭い場所でも搬入・施工が可能なこの工法は、住宅密集地などの都市型地盤改良工法として注目されています。また、低振動・低騒音なので周辺への迷惑が少ないのも特徴です。


スリーエスG工法
スリーエスG工法は、独自開発の特殊攪拌翼を用いた斬新な施工システムにより、安定的に高品質をご提供できる(財)日本建築総合試験所認定のスラリー系機械攪拌式深層混合処理工法です。


ピュアパイル工法
ピュアパイル工法は、柱状改良工法を進化させ、深度2mから10mまで軟弱地盤に対応させた地盤補強工法です。ピュアパイル工法はセメントを土と混合しないでそのまま固めるため、高強度で品質にばらつきがありません。また、従来の柱状改良工法では対応できない腐植土層にも対応可能です。
ISG工法・ISGパイル工法シリーズ
ISGパイル工法シリーズは、杭先端翼と鋼管から構成される杭を回転貫入し、基礎下部に配置する工法です。平成15年に建築技術性能証明を取得。戸建専用住宅を中心に、N値15未満の地盤にも適応可能です。また、低振動・低騒音・無排土であり、環境にやさしい工法です。
ガイアパイルウルトラパイル工法
独自の打ち止め管理方式により施工機械・施工者によるばらつきがなく、増大な支持力が得られる精度の高い基礎杭技術です。


テコットパイル工法
「低コスト」・「施工管理」・「高品質」杭基礎施工のすべてのニーズを満たす、次世代鋼管杭「TECOT PILE」です。
NSエコパイル
日本の主要都市のほとんどは河川下 流の沖積層平野部に発達しています。 軟弱地盤であることが多く、高層建築 や高速道路などを建設する際には、 強固な地盤に到達する杭によって構 造物を支持する必要があります。従来 の杭施工法においては、泥水・残土・ 騒音・振動など環境的、社会的に大き な問題になりつつあります。NSエコパ イルは、それら既存の杭工法の問題 点を解決すると共に、高支持力、高耐 震性、低コスト、短工期を実現する次 世代の杭工法です。
 
 
お問い合わせ資料請求はこちら